鹿児島製茶のこだわり


食品安全方針

Strategy

  1. 私たちは、お客様に安全・安心な商品をお届けし、健やかな社会の実現に貢献いたします。
  2. 私たちは、お客様に満足していただけるよう、生産者をつなぐパイプ役としてフードチェーン内の連携を深め、情報を相互提供いたします。
  3. 私たちは、全従業員に衛生管理の重要性を認識させ、食品安全に関する知識の向上を図ります。
  4. 私たちは、FSSC22000に基づいた食品安全マネジメントシステムを構築し、製造販売工場も含め、常に改善を行い、 安全・安心な製品を製造・販売いたします。
  5. 私たちは、関係法規制を遵守する相手とのみ取引をいたします。
    • (a)事業の目的、事業内容、リスクの性質及び規模に対して適切なシステムとする。
    • (b)当社のニーズ及び目的、顧客要求事項、法規制等要求事項及び規格要求事項への適合及び食品安全マネジメントシステムの有効性とパフォーマンスにおける継続的な改善を実施する。
    • (c)法的及び同意する要求事項を順守する。
    • (d)食品安全目標を設定させる。    

      目標の設定及び適切性と妥当性の見直しのための枠組みを次の通りとする。

      【食品安全目標の枠組み】

      1. “お客様に安全・安心な商品をお届けし、健やかな社会の実現に貢献する“という意識づけを、各部門 の従業員に周知徹底させる。
      2. 生産者や外部提供者(アウトソース、副原料、梱包材料、運送・倉庫、メンテナンス等)への情報提や交流を通じて、フードチェーンにおけるオピニオンリーダーとなる。
      3. 全従業員に衛生管理の重要性の認識、食品安全教育を計画し、個人の力量を向上させる。
      4. 現場における改善活動を活性化し、個々の従業員が自ら改善を推進できるような仕組みを構築する。
      5. 自らの法令順守は勿論のこと、食品偽装を含め、サプライヤーの法令順守に対する管理を強化する。
    • (e)食品安全方針は、事務所や作業所などに掲示して、社内の全体に周知する。また、外部委託(アウトソース)やパート・アルバイトを含めた、当社の管理下で働くすべての人に、マネジメントシステムの義務を自覚させる意図を持って、方針の周知を行う。
    •   
    • (f)方針は、社外の要求に応じ、利害関係者が入手可能なように公表する。
    • (g)方針は当社にとって妥当かつ適切であるかをマネジメントレビューにて定期的に見直す。
    • (h)食品安全に関連した従業員の力量を確保する必要性に対処する。

令和元年 10月1日 鹿児島製茶株式会社 代表取締役 森 裕之

食品安全への取り組みについて(FSSC22000)

Safety

弊社では、鹿児島県の食品産業では最も早く2007年11月に食品安全の国際標準規格であるISO22000を認証取得し、また2012年11月にISO22000からさらに進歩した食品安全の国際基準FSSC22000を認証取得しました。

日々の業務の中では食品安全マニュアルにのっとって、部門ごとに点検を行っています。
このように徹底した安全管理を行うことで、社員全体の意識も高まり、安心・安全かつおいしいお茶を生産することを実現しました。
今後は鹿児島県茶のパイオニアとして、かごしま茶全体のレベルアップを目指していきます。

FSSC22000認定書2020.4
FSSC22000認定書 : 食品安全システム認証22000(Ver.5.0)
本社工場JICQA登録番号R076 登録範囲:荒茶からの仕上茶と粉末茶の製造
錦江流通センターJICQA登録番号R077 登録範囲:緑茶の粉末加工及び粉末茶を含む仕上茶の充填と包装

お客様に”安心・安全”をお届けするために、徹底した品質管理と日々の研鑽に取リ組んでいます。

異物除去機
異物除去機

有機栽培茶への取り組み

Organic

有機JAS認定商品

有機栽培への取り組み

国内で販売する農産物や農産物加工食品に「有機」または「オーガニック」と表示するには、有機JAS認定機関による認定を取得する義務があります。
法人のお客様向けに、各種有機栽培茶を取り揃えております。
また、個人のお客様向けに小売店舗「お茶の美老園」では以下の商品を取り扱っております。

人と環境に優しいお茶作り

Ecology

弊社が提携しているお茶栽培農家は自然を活かした土づくりと農薬等の科学薬品の低減を行っています。農家の方が美味しい安全なお茶作りを通して環境に優しいお茶作りを行っています。

トレーサビリティについて

Traceability

鹿児島製茶株式会社では生産履歴が明確な原料茶葉を仕入れております。
生産履歴には、「だれが」「いつ」「どこの圃場で」「どのように栽培したか」等が明記されております。

当社では、製造記録とともに管理し、最終商品から茶生産履歴簿までさかのぼれるトレーサビリティシステムを構築しています。

調査項目

  1. 生産者名
  2. 摘採期
  3. 品種
  4. 生産圃場
  5. 製造日
  6. 防除履歴(使用農薬の種類、散布濃度、散布年月日、摘採前日数)
  7. 製造記録(工場における配合、加工、出荷伝票)

品質保証

Quality Assurance

弊社ではお茶の仕入れから合組 (ブレンド)、焙煎といったすべての製造過程で厳正な検査を行い品質管理をしています。
各工程で経験豊富な社員がチェックをすることでお客様に安心で安全なお茶をお届けすることができます。

品質保証品質保証